90°ハイブリッド(6)

90°ハイブリッド1つ使用して動作試験を行った時のまとめを記していく。

動作試験の回路図と「強度ー周波数」のグラフを同時に記す。(縦軸:強度、横軸;周波数)

・90°端子をopen,short,51Ωの抵抗で可変

open

f:id:tokken14mri:20171019154343p:plain

short

f:id:tokken14mri:20171019154508p:plain

51Ωの抵抗(=同調状態)

f:id:tokken14mri:20171019154554p:plain

それぞれのグラフのISOL端子を抽出すると

f:id:tokken14mri:20171019154653p:plain

・0°端子をopen,short,51Ωの抵抗で可変

open

f:id:tokken14mri:20171019154743p:plain

short

f:id:tokken14mri:20171019154819p:plain

51Ωの抵抗(=同調状態);同じなので省略

同様にISOL端子を抽出すると、

f:id:tokken14mri:20171019154949p:plain

 

以上の結果から、

ISOL端子の結果を抽出した際に、open、shortの時はある程度の強度が出るが、51Ωの抵抗を接続して同調させることで、ほとんど強度が出ないことが分かった。

次回は、90°ハイブリッドを2個にして、同じような動作実験をしていく。