アンプ特性(4)

以下のように青い基盤の裏を削ってグランドを取ったところうまくいった。

f:id:tokken14mri:20170329142545j:plain

結果は次のようになった

入力はMHz単位で変化させる

f:id:tokken14mri:20170329142905j:plain

f:id:tokken14mri:20170329142643p:plain

f:id:tokken14mri:20170329142652p:plain

BPF+AMPのグラフの山の右側が平らになってしまっている部分はLPFをつくりかえた時、100nを92n+18nにしているための誤差だと考えられる。

f:id:tokken14mri:20170329145343p:plain