RFswitch動作確認(1)

以下の真理値表通りに動作してくれるか確認する 簡単な回路図は以下(発振器レベルは200mV、周波数100MHz) 結果は真理値表通りの VC1=LOW、VC2=HIGHのときRF1から出力波形が出た。 しかし、逆の条件下の時は波形は出てくれなかった。 改善点と思われたRF…

アンプ比較

前回と一緒だが、わかりやすいようにアンプのグラフを一つにまとめた。 発信器のレベルは200mV 横軸:周波数[MHz]、縦軸:強度 次回は、Ngraphを使えるようにする。 また、フィルターが壊れたのでその修復と、市販アンプの「強度ー電源電圧[V]」特性を計測…

市販RFアンプ

市販のアンプ特性を調べてみた。結果は以下 比較のためにアンプなしの状態も次に載せる 比較のために、μPC2726TとSMA3103のアンプ特性を示す 市販のアンプは他のアンプに比べて増幅度が弱いことが分かる

SMA31003(RFamp)(2)

前回の計測できなかった理由として、単純にLPFの回路の線が切れていたからであった。 BPF+AMP(SMA31003)のグラフが以下(既存のものを使用) 3月くらいに計測したBPF+AMP(μPC2726T)のグラフも載せておく。

SMA31003(RFamp)(1)

既存のものの特性を調べようとした。 2017-03-08から1日間の記事一覧 - tokken14mriのブログ のようにアンプ部分をSAM31003に置き換えた。 しかし、強度は出なかった。試しに、BPFのみでやっても強度は出ず、LPF、HPFとばらして計測を行っても強度は出なかっ…

90°ハイブリッド(9)

試しに以下の回路で計測してみた。 0°端子、90°端子はopen状態で測定。予想としては、両方の端子から反射されるので、IN端子から入ったのはそのままISOL端子に出力されるはずである。 結果が以下。横軸:周波数[MHz]、縦軸:電圧[mV]、青線:ISOL端子、赤線…

90°ハイブリッド(9)

試しに以下の回路で計測してみた。 0°端子、90°端子はopen状態で測定。予想としては、両方の端子から反射されるので、IN端子から入ったのはそのままISOL端子に出力されるはずである。 結果が以下。横軸:周波数[MHz]、縦軸:電圧[mV]、青線:ISOL端子、赤線…

90°ハイブリッド(8)

特別研究の報告書に記載する90°ハイブリッドの資料として以下のものを用いる。 http://whites.sdsmt.edu/classes/ee481/notes/481Lecture26.pdf#search=%2790%C2%B0Hybrid%EF%BC%88BranchLine+Coupler%EF%BC%89%27 これをよく勉強し、報告書に役立てていきた…

90°ハイブリッド(7)

前回と同じ条件で計測をする。 但し、違うのは90°ハイブリッドを二つつなげて使用していることだ。 どの回路においても35MHzからきれいな波形が出なくなったので、大体の値で処理した。 0°端子可変 ISOL端子を抽出したグラフが以下 次に90°端子可変 同…

90°ハイブリッド(6)

90°ハイブリッド1つ使用して動作試験を行った時のまとめを記していく。 動作試験の回路図と「強度ー周波数」のグラフを同時に記す。(縦軸:強度、横軸;周波数) ・90°端子をopen,short,51Ωの抵抗で可変 open short 51Ωの抵抗(=同調状態) それぞれの…

90°ハイブリッド(4)改

ハイブリッドを一個にして計測をした。 方法;周波数による強度の変動を見るために、0°端子、90°端子、ISOL端子に51Ωの抵抗を接続してそれぞれの電圧を計測し、強度を算出した。 0°端子強度=10log10(0°端子[mV]/IN端子[mV]) 90°端子強度=10log10(90°端子…

90°ハイブリッド(5)

ハイブリッドを一個にして特性を測っていく。 方法;IN端子に周波数を可変とする正弦波を入力し、ISOL端子により出力を計測する。この時に、0°端子とISOL端子には51Ωの抵抗をGNDと接続しておく。(GNDに落とす)そして、90°端子を開放、短絡、51Ωの抵抗を接…

90°ハイブリッド(4)

今回も前回と同様に波形を見ていったのだが、開放したときと短絡したときの変化がない。また、同調させることで反射波は出ないはずなのに開放したとき、短絡したときと同じような波形が出てしまう。接触やはんだ付け不良の単純な要因は調べたが、特に問題は…

90°ハイブリッド(3)

今回は、0°端子とISOL端子に51Ωの抵抗を接続して、90°端子を開放、短絡、51Ωの抵抗を接続としたときの反射波を計測した。90°端子に抵抗を接続したときの写真が以下。 結果が以下。横軸周波数で縦軸ISOL/IN 整合が取れていないのが分かる。 何か違うと思うの…

90°ハイブリッド(2)

今回は、下図のような回路で波形を取ってみた。プローブは「0°端子」と「ISOL端子」 前回と同様、発振器上で100mV印加させ、周波数は40MHzに固定した。 抵抗なし 抵抗あり 結果;抵抗があると「0°端子」のp-p値は小さくなり、抵抗なしだと「ISOL端子」のp…

90°ハイブリッド(1)

30MHz~76MHz帯域の90°ハイブリッドの特性を調べる。 まず、一つだけを用いる。発振器から90°ハイブリッドの「IN」に入れて、出力端子である「0°」または「-90°」の端子をオシロスコープで見て、位相が「0°」または「-90°」に出力されているか見る。 発…

RFアンプ(5)

RFアンプ素子を乗せる緑基板の回路図を書いてみた。穴の配置が合っていればよいので、穴の後ろから配線しても問題はない。 また、線の太さは最小で0.2mmくらいだと聞いたので、kicadで線の太さを調整しつつ、設計図を作っていきたい。

RFアンプ(4)

「RFアンプ(2)」で示したような回路で波形を見たが、やはり、なにも観測されなかった。 水晶発振器からの出力はRFアンプには入っていたが、RFアンプの出力がでていなかった。

RFアンプ(3)

RFアンプ素子を青基板に取り付け、緑基板に「RFアンプ(2)」に記載してあるように取り付けてみた。しかし、以下の写真のように、配線がぐちゃぐちゃになってショートする恐れがあるため、計測はやめておいた。(また、熱で死んだ可能性が高い) 改善するに…

RFスイッチ(3)

発注してもらう予定の緑基板にRFスイッチ素子を取り付け、青基板にSMAコネクタを取り付けた場合のスケッチをしてみた。 また、上の真ん中の回路はスイッチ動作を検証するための回路であり、今回はこれを製作する。 緑基板の裏面における抵抗は斜めについてい…

RFアンプ(2)

RFアンプの入出力の間には、1000pF程度のコンデンサを挟む また、電源安定のためにVccとGNDの間にも1000pF程度のコンデンサを挟んでおく 前回の回路図を改良したのが以下(前回の回路図のIN,OUT部分に1000pFのコンデンサをつないだだけ)

RFスイッチ(2)

RFスイッチの寸法は以下。単位はmm

RFアンプ(1)

RFアンプとコンパレータ(LT1719)の足の配線を書いてみた。 メールで送られてきたRFアンプの使用法は以下のようになっていると考えられる。 次回は、青基板にRFアンプをつけて、そこからの配線で緑基板につけていきたい。

RFスイッチ(1)

RFスイッチを青基板に、はんだ付けしようとしたところ、RFswitch素子の足が非常に小さいのでうまくいかなかった。また、緑の基板に素子を乗せるチャレンジもしたが、やはり、足が小さいので銀の部分に合わず、はんだ付けするには厳しいものがあった。 どうに…

AD9851プリント基板作成・動作確認(1)

既存の基板をそのまま真似して、プリント基板で作成してみた。(前回まではユニバーサル基板) しかし、フィルター部のコイル330nHが不足していたので、270nHで行うこととした。足し合わせて、330nHにしようと試みたが、コイルを二つ入れるスペースがなか…

AD9851基板作成・動作確認(10)

前回の続きより、 AD9851とコンパレータの間に抵抗10kΩとコンデンサ10pFを並列につなげた。その波形が以下。 次に、10pFのコンデンサを二つ並列につなげた。(既存の基板もコンデンサ二つだった)結果、きれいな波形になった。 また、AD9851の12.8MHz周波…

AD9851基板作成・動作確認(9)

前回の自分で書いた回路図では間違っているし、さらにこれでは出力が出ない。 しかし、前回は出力波形が見られた。基板を確認してみると、AD9851とコンパレータをつなげる線とGNDの間に抵抗が挟まっていることが確認できた。その写真が以下。 ゆえに、前回書…

AD9851基板作成・動作確認(8)

今回は、AD9851とコンパレータをつなぐところを軽く押さえると、波形が安定するということを踏まえて、以下のようにAD9851とコンパレータの間に抵抗を挟んだ。 結果として、あまり変わらなかった。 1MΩとしたときの波形 100kΩとしたときの波形 10kΩとした…

AD9851基板作成・動作確認(8)

正しい例ということで既存の基板(original)を使用して波形を見てみた。 上が出力波形、下が21ピン波形 上が出力波形、下が20ピン波形(反転)

AD9851基板作成・動作確認(7)

メールで送られてきたようにコイルとコンデンサをつけてみた。 以下のように接続した。 基板の裏面は以下。黄色で囲っているところがL,Cを取り付けたところ 波形は以下。上は出力波形、下は21ピン波形 ここで、AD9851とコンパレータをつなぐピン(AD9851は9…